【海外旅行フィリピン編】モールボールのイワシの巨群が凄すぎる!

どうも、皆さん御機嫌よう。Kazです。

今回の記事ではフィリピンのモールボールについて書きたいと思います。

モールボールと聞いてすぐにフィリピンの町だと分かる人は少ないと思います。というこでモールボールはセブ島の南西にある、町?市?です。

下の写真はセブ島のポストカードなんですが、Moalboalと書いてあるのが分かるかな?

f:id:KAZ-U:20180527205542j:plain

これを見てもらうと何となくの場所が掴めるかと思います。

 

■ モールボールでダイビング

モールボールに行った最大の理由はダイビング!海が奇麗な国に行くならやっぱりダイビングですよね。

ダイビングライセンスがあるだけで、海外旅行の幅が本当に広がります。

ダイビングでリラックスできることはさることながら、同じボートに乗った人と出会い、その人達と食事にいったりなど、ダイビングを通じて新たな人間関係を構築でき、一層旅行を楽しめることができます。

この日はイギリス人の旅行者と仲良くなりました。

 

モールボールダイビングと言えばこれ!イワシの大群は必見!

モールボールでは、イワシの大群がすごく有名。世界中からダイバーが集まります。

この日はプランクトンの影響もあり?少し海の透明度が低めでした。

ってことで早速イワシの大群を動画でご覧下さい。

www.youtube.com

 

何百万匹ものイワシがボールの様に丸い固まりになったかと思えば、一部が線を作って横に伸びたり。あまりに巨大すぎてどこを見ていいのか分からなくなることもあります。気づいたらイワシの群れの中に自分がいることも何度か。

あまりに巨大だったので写真にも当然捉えきれておりません。ほんの一部分です。

f:id:KAZ-U:20180530105710j:plain

イワシの群れに囲まれている時に、本当に1匹の巨大な生き物を見ているような、なんか自分がこの生き物に食べられるんじゃないかという感覚と、それと別に何か地球の生態系を見ているような、なんだか地球の一部になっているような不思議な感覚に陥ったのを覚えています。

あんまり上手に表現できませんが。笑

f:id:KAZ-U:20180530110436j:plain 

f:id:KAZ-U:20180602123003j:plain

これは友達が撮影した写真。ダイバーが多かったです。

この時間は午後4時前ですが、透明度がもう少し高かったら良かったけど、仕方ない。

f:id:KAZ-U:20180530104828j:plain

ダイビングを終えると既に夕方に。この日の翌日にはオスロブでダイビングだったため、モールボールでは宿泊せずにダイビング後にオスロブへ出発。

透明度がやや低かったのが残念でしたが、イワシの大群に大満足!とにかく圧巻!絶対に見る価値ありますよ。

 

■ モールボールまでの行き方

さてさて話が変わりまして、モールボールへの行き方について書きます。

モールボールに向かう前日の夜にセブ島に到着し、そのまま1泊セブ市に滞在しました。翌日にダイビングショップのホテルピックアップにより、車でセブ市からモールボールへ移動しました。

上のポストカードを見てもらえば分かると思いますが、モールボールはセブ市から見て南西にあります。結構遠いです。

f:id:KAZ-U:20180530110133j:plain

道中山を超えるのですが道が1本しかなく、しばらく渋滞が続いたこともあり車で3時間ほどかかりました。

                                f:id:KAZ-U:20180602233814j:plain

午前10時頃に出発して、モールボールに着いたときには昼を回っていました。                                  

調べてみると他にもバスである程度のところまで行けるようですが、その後はトライシクルというバイクにサイドカーを付けた乗り物で行く事ができるようです(他人のブログ情報では自動車のタクシーはないみたい)。

今回のホテルピックアップのサービスは本当に楽です。サービスはダイビング代に含まれてた思いますので、特段支払いをする必要もありませんでした。

モールボールでツアーとかを組む時に、ホテルピックアップサービスがあるか確認するといいかもしれませんね。

 

■ モールボールの街並

自分が訪れた場所は、道が狭く、なんだか窮屈なところでした。車も1台通るのがやっと。みんなトライシクルかバイクで移動しているようでした。

f:id:KAZ-U:20180602115106j:plain

f:id:KAZ-U:20180602115922j:plain

この先にはどう考えても車では進めませんね。この道幅でバンを運転するのが凄い。個人的に運転手の運転技術はかなり高いと思いました。

ダイビングショップに到着。

f:id:KAZ-U:20180530111044j:plain

f:id:KAZ-U:20180530110927j:plain

今回お世話になったダイビングショップ。スタッフやガイドの対応も良かったです。

ダイビングの機材の準備は自分達で行わなければなりません(もちろん分からなければスタッフが手取り足取り教えてくれます)。

ただ一部ダイビング機材に不具合(エアー漏れ)があり、潜る直前に再度機材取り付けを行わないといけなければなりませんでした。

この近辺だけで10を超えるダイビングスポットがあります。 

 

■ ダイビング前の腹ごしらえ

f:id:KAZ-U:20180602114342j:plain 

モールボールに着いたのが昼を過ぎていた事もあり、まずは昼食を。

ダイビング前の1時間だったので軽食にしました。

f:id:KAZ-U:20180602120020j:plain

これはシニガンという酸味の効いたあっさりスープ。フィリピン料理の一つです。

ご覧の通り茄子、ネギ、玉ねぎ、豆など野菜がたっぷり入っていて本当に健康的。肉は鶏肉だったかな?もう本当に癖になる味。

フィリピンにいる間、1日1回は食べたと思います。それくらい美味しい。

軽食で抑えておくはずだったのが、結果的に結構食べてしまった。笑

f:id:KAZ-U:20180602120540j:plain

この野菜とエビの炒め物ですが、エビの歯ごたえが半端なかった。ポテトフライは友達が注文したものです。結局残してしまって、お持ち帰りにしてもらいました。

 

モールボールについて書きましたが、いかがだったでしょうか?

もう少しダイビングの写真をアップできたらよかったんですが、写真では捉えきれず、動画をたくさんとりました。

ちなみに、イワシの大群は海の表面付近から水深15メートル程度にかけていますので、ライセンスはオープンウォーターでもできます。また、シュノーケルでも十分に楽しめるかと思います。

ぜひ、行ってみて下さいね。

 

フィリピン旅行全体の概要に興味のある方は前回の記事をご覧下さいね。

kaz-u.hatenadiary.jp

 

一読いただきまして、ありがとうございました。